勝林寺 人と暮らしの間にあるお寺

つどい 拈華堂(ねんげどう) 〜本堂〜

by TEZUKA ARCHITECTS

訪れる人を迎え、包み込み、
つなげる場をつくる。

住職の人生の中で大きな転機になったのが東北の震災でした。被災地に何度か足を運ぶ中で、お寺が地域の人々の支えとなっている姿を目にし、お寺の「未来」を感じました。
お寺には、人を包み込み、ホッとさせてくれる場の力があります。祈りの場として、訪れる人を温かく迎え、懐かしさと未来へのつながりを感じていただけたら・・・・・・そんな願いのもと、住職は本堂の建築プロジェクトを開始。設計はそうした「場づくり」を実践されている建築家、手塚貴晴・由比氏にお願いをすることになりました。

そして完成したのがこの「拈華堂」、つまりは本堂を中心とした勝林寺の建物です。この「拈華堂」という呼び名は、古来、勝林寺で方丈(本堂)を示す言葉。今回のプロジェクトを機に、この呼び名を蘇らせることにしました。
日本文化を映した総木造。金物を最小限に抑え、伝統の匠の技を頼りに組み上げられています。二重に重ねられた深い軒と蔀戸。太い柱や梁を彩るのは古来から日本の建物を守り続けて来た渋墨。夏の熱い陽を遮り、梅雨の長雨を凌ぐしつらえが日本の風土に調和します。また、勝林寺の永い歴史と未来への営みを見据え、最新の構造計算技術を駆使して、数百年の時を超える仕様を実現。お寺の「未来」を体現していく新しい場が誕生しました。

「拈華堂」の由来について:
「拈華」とは「華をつまむ」という意味。禅宗で伝えられるお釈迦様の故事、「拈華微笑」がその由来です。お釈迦様が説法をする際、一本の華を持ち、何も話さずにいました。その所作の意味を測りかね、沈黙してしまう弟子たち。しかし、その中で魔訶迦葉尊者だけが、にこりと笑って悟りをひらき、そこで法が伝わったと云います。この故事から、禅宗では「言葉を使わずに、心から心へ伝えること」を意味するようになりました。
この呼び名には、「ご先祖様の想いや、亡き人への想いがこのお堂を通して、心から心へと伝わってほしい」という想いが込められています。日々の暮らしの中に、このお堂があることが皆さんの幸せにつながれば幸いです。

外観

悠久の時を刻む木組みの佇まいです。深い軒に包まれた渋墨磨きの格子戸が、境内に緩やかに溶け込み、仏を穏やかに包み、訪れる人々を迎えます。

内観

柔らかな光と影が織り成す禅の空間です。微かに垣間見える外の景色が、現世と来世が重なりあう表裏一体の関係を表現しています。